沿革

1946年 2月(昭和21年)
  • 「林業関係者の福祉の増進と林業の振興・発展への寄与」を目的として、財団法人林友会を設立
  • 「東京都芝区新桜田町(現港区西新橋)に事務所を置く
1950年 9月(昭和25年)
  • 財団法人林野共済会への改組と支部の独立により14地域団体が発足
  • 国有林野関係法規集を発行
1959年 1月(昭和34年)
  • 事務所を三会堂ビル(東京都港区)に移転
1965年 4月(昭和40年)
  • 財団法人林野共済会と14地域団体を統合し、財団法人林野弘済会と改称
  • 本部及び14支部体制に改組
1974年10月(昭和49年)
  • 新事務所ビルが10月31日に竣工、「林友ビル」と命名
  • 11月に三会堂ビルから移転・業務を開始
1976年 9月(昭和51年)
  • グリーン・サークル事業を開始
2008年10月(平成20年)
  • 財団法人日本森林林業振興会と改称し、本部と11支部体制に改組
2012年 7月(平成24年)
  • 公益法人制度改革により、2012年に一般財団法人に移行
  • 一般財団法人日本森林林業振興会と改称
  • 5年を1期とする中期事業計画(第1期)を策定
2017年 7月(平成29年)
  • 中期事業計画(第2期)を策定
  • 民間団体や試験研究機関による森林林業の発展や様々な技術開発等の取組を支援する「森林林業振興助成事業」を創設
本部周辺(文京区後楽)の変遷

1957年

1965年

1975年

1989年

2019年

本部事務所(林友ビル)

組織概要

名 称一般財団法人日本森林林業振興会
所在地〒112-0004
東京都文京区後楽一丁目7番地12号
TEL.03-3816-2471
設 立1946年(昭和21年)2月22日
職員数1329名(令和元年7月現)
代表者代表理事 沼田正俊
主な業務森林・林業に関する調査、資機材の販売、出版物の刊行、普及啓発、グリーン・サークル活動などの各種事業を行い、森林・林業のエキスパートとして、森林・林業の発展、山村振興に貢献します。
(単位:百万円)
財務の状況
(令和02年7月1日現在)
 平成29年度平成30年度
事業収益3,9583,993
一般正味財産増減額84163
一般正味財産期末残高7,6357,798
業務登録
(令和02年7月1日現在)
農林水産省指定調査機関
測量業者登録(13)18181
建設コンサルタント登録 建29第5964号(森林土木部門)
補償コンサルタント登録 補29第1770号(土地調査部門・物件部門)
ISO9001登録 登録番号QC06J0194
技術者数
(令和02年4月現在)
博士号(農学)1名宅地建物取引主任者1名
技術士(農学)2名林業架線作業主任者6名
技術士(森林土木)2名林業技士82名
森林総合管理士2名補償業務管理士(土地調査)2名
測量士15名補償業務管理士(物件)2名
測量士補28名森林評価士14名
1級土木施工管理技士5名森林情報士(GIS1級)2名
2級土木施工管理技士6名森林情報士(GIS2級)6名
ページのトップへ戻る