第5回山菜料理コンクール レシピ集 【最優秀賞作品】

春の息吹!スパンキー(元気な)まぜそば

富川 哲人さん(北海道富良野市)

★考案者からのコメント★
 若い人にも山菜に興味を持ってもらいたいと思い、ラーメンメニューにしました。行者にんにくの香味を生かした臭くない料理です。春の訪れを告げる山菜をたっぷり使った、主食にも酒肴にもなる、忙しい春に重宝するメニューです。

【材料(4人分)】

★香味油
・大豆油200
・行者にんにく(葉)60g
・玉ねぎ30g
・塩20g
★麺
・中華麺4玉(120g)
★トッピング
・イタドリ100g
・山菜ミックス200g
・行者にんにく(茎)40g
・豚バラ肉(しゃぶしゃぶ用)160g
・長ネギ1
・卵黄4
・白ごま
★調味料
A :砂糖(大さじ1)、塩(小さじ½)、ごま油(少々)
B :酒、砂糖、醬油、みりん、鰹節(各適量)
C :醬油(大さじ2)
D :塩(一つまみ)、ブラックペッパー(少々)

【作 り 方】

※下準備:イタドリは30cm位の丈の若い茎を用意する。根元から皮を剥き、沸騰した湯でさっと湯がき、水にさらす。(保存する場合は、塩漬けにして冷蔵。)
  1. 大豆油に行者にんにくの葉と玉ねぎを細かく切って入れ、ゆっくり加熱する。原料がカリカリになったら火から下ろし粗熱が取れてから塩を加えてミキサーでペーストにする。
  2. イタドリをフライパンで油炒めし、Aで調味し、メンマ風に仕上げる。
  3. 山菜ミックスを鍋に入れ、ひたひたまで水を加えBでさっと煮込む。(20分程度)
    ※出汁を取る手間を鰹節が担ってくれます。
  4. 行者にんにくの茎をさっと茹で、軽く絞り水気を取ってから密閉袋に入れCに浸す。(20分程度)
  5. 鍋に湯を沸かし、豚バラ肉(しゃぶしゃぶ用)を茹でザルにあげ、Dで調味し、「4」の醬油(大さじ2)を絡める。その鍋で中華麺を多少柔らかく茹で、水を切り、「1」のソース40㏄と和える。
  6. 盛付 丼に中華麺を盛り、上下左右に山菜ミックス、豚バラ肉、イタドリ、行者にんにくを並べ、中央にハス切り長ネギ、卵黄を盛り付け、たっぷりの白ごまを振りかけて完成。
    お好みで糸唐辛子でアクセントをつける。