商品化第一号 山菜イタリアンソース
 「"ウド"ベージェ~春山の香り~」発売開始

山ウドを使ったパスタソース「“ウド”ベージェ~春山の香り~」が(株)占冠山村産業振興公社から旭川大学短期大学部とのコラボ商品として発売されました。

これは、2016年占冠村で開催された第2回山菜料理コンクールで優秀賞となった作品のレシピをもとに、地域の皆様の協力を得て初めて、当コンクールからの商品化が実現したものです。


第2回山菜料理コンクール二次審査会
優秀賞「ウドと道産チーズで作る
“ウド”ベージェパスタ~春山の香り~」
(考案者:北海道 山口太一さん)

香草としてウドの葉を使い、心地よい春の苦味と、さわやかな山ウドの香りが楽しめます。

パスタだけでなく、ピザや白身魚のムニエルなどにも使えます。万能な山菜イタリアンソースとしてお楽みください!

※トッピングされているウドの新芽ソテーは、
商品には入っていません。

~フライパンで温めて 和える・添えるで、手軽にいつものお料理がグレードアップ♪~

1個(2人前) 1,000円(参考価格)
ご購入は、
  • 道の駅 自然体感しむかっぷ 売店
  • 道の駅あさひかわ 売店
  • 旭川観光物産情報センター 駅naka(旭川駅内)
  • 富良野観光物産センター アルジャン(フラノマルシェ)   ほか
今後、さらに販売場所を広げていく予定です!
◆ ネット販売
(株)占冠山村産業振興公社ネットショッピングサイト
 http://www.sen-nen-sai.co.jp からも購入可能です。

山菜豆知識

  • 「ウド」ってどんな山菜?
     春の山菜の代表格の一つ。北海道から九州まで日本全国の山野や林の縁などに広く自生する野草で、栽培もされています。天ぷらや酢味噌あえなど、家庭・飲食店で春を感じる食材として愛されています。
  • 「ウド」の栄養・効用
     ウドは昔から漢方の生薬「独活(どっかつ)」として知られています。春らしいほろ苦味はクロロゲン酸、独特の香はジテルペンで、クロロゲン酸は抗酸化作用を有し、生活習慣病やガン予防・老化抑制が、ジテルペンは疲労回復や精神安定への寄与が期待されるといわれています。
     栄養素としては水分・食物繊維で約95%を占め、他にミネラルのカリウムが豊富、また約18kcal(可食部100g)と低カロリーな点も特徴。一般に食物繊維は美容・便秘解消や免疫力強化など、カリウムは血圧上昇抑制などが期待されますが、ウド独特のほろ苦味・香りによる「再び春が廻り来た」という日本人の心の健康への寄与は大きいと思われ、有用な山菜あるいは薬草といえます。
    (旭川大学短期大学部 森重ゼミナール)
【参考】日本食品標準成分表2020(八訂)、薬用植物辞典、北海道の山菜・木の実図鑑ほか
(イラスト 山本敬介)

<“ウド”ベージェパスタのレシピ考案者からのコメント>

この度、山菜料理コンクールの商品化第一号として「ウドベージェ」パスタソースを商品化していただけること、レシピ考案者としては大変光栄に思います。

もともと身近で採集した新鮮なウドの葉を捨てるのが勿体なく、何か美味しく食べられる方法がないかと考えていたときに、バジルの葉を利用したジェノベージェソースが頭に浮かび、ウドの葉がバジルの葉の代わりにならないかと考えたのがレシピ考案のきっかけです。

実際に、“ウド”ベージェソースを作ってみたところ非常に美味しく、コンクールに応募をさせていただき、優秀賞という映えある賞をいただきました。

商品化いただいたパスタソースは大変マイルドに加工していただいており、どなたにも食べやすくなっております。また、パッケージデザインも非常におしゃれです。

占冠にお越しの際には、ぜひお土産としてご購入いただき、ご賞味くだされば幸甚です!

(考案者:北海道札幌市 山口 太一)

毎年「山菜料理コンクール」を続ける中で、地域とのつながりができ、当初からの開催趣旨である「山の恵みの6次産業化」への一歩が踏み出すことができました。今後も、山菜の新たな楽しみ方を広めていけるよう取り組んでまいります。

(山菜料理コンクール実行委員会事務局)